宝くじネット購入代行 招福屋TOP > 宝くじコラム > オータムジャンボ宝くじ買い方

オータムジャンボ宝くじ買い方

オータムジャンボ宝くじ買い方

オータムジャンボ宝くじの購入を考えてみたときに、何枚購入すればいいのかまず迷うと思います。オータムジャンボ宝くじのような高額賞金が期待できる宝くじを買うときにはいくつかパターンがあります。


まずはオータムジャンボ宝くじを10枚から30枚程度購入するという買い方。これはちょっとした投資感覚での買い方になります。宝くじはお金をかけるほど当選する確率が高くなりますが、その分元を稼ぐという事も大変になります。


30枚までなら1万円あれば購入できますし、それで高額当選を果たすことが出来れば投資も大成功になります。 オータムジャンボ宝くじみたいに賞金が高額なジャンボ宝くじは何とかして高額な賞金を手に入れたいと思います。


特に宝くじが好きな人にとっては購入枚数は重要で、人によっては200枚とか300枚の購入、多い人は100万円近い出費で購入するという買い方をする人もいます。100万円単位でもオータムジャンボ宝くじなら1等や前後賞、2等が当たれば十分に元は稼げるので宝くじが好きな人には良く見かける買い方になります。


オータムジャンボ宝くじを買うのは夢を買うことなんて人もいて、そんな人は1枚の購入や連番で3枚買い1等と前後賞狙いなんて人を見かけます。出費を抑えながらも当たるかどうかを抽選まで楽しみに待つ事が出来る買い方です。


1年に5回行われるジャンボ宝くじにはそれぞれ賞金額や販売本数に違いがあります。オータムジャンボ宝くじは比較的販売本数が少なく、販売限度が設定されているため売り切れになってしまうと購入する事が出来ません。


あらかじめ買い方を決めておいて、発売されたら早めに確保しておいた方がいいでしょう。 オータムジャンボ宝くじは他のジャンボ宝くじに比べると賞金が低く設定されている事が多いため、大口での買い方をする人は少なくなります。


高額当選をしている人の多くが30枚程度の買い方というデータもありますので、大口での購入は年末ジャンボ宝くじに残しておき、オータムジャンボ宝くじは出費を抑えつつ楽しむ事が出来る小口での購入を考えてみるといいでしょう。


宝くじには連番とバラの買い方がありますが、できれば連番10枚バラ10枚といったように両方の買い方をしておく事が大事です。連番とバラでは高額賞金の当選確率に差が出てきますので連番だけの購入にするよりもバラで何枚か購入しておくと抽選日の希望も膨らみます。オータムジャンボ宝くじを買う前に買い方を考えてみてください。