宝くじの保管方法 


宝くじの保管方法にこだわって当選を狙う


宝くじを保管する際には、運気を呼びこむ方位や位置、そして水の気や火の気を避ける、などのことが大切と言われています。このように保管する位置も確かに大事で、大切な要因には違いないのですが、しかしよい位置に保管しているから当選するというものでもありません。

宝くじに関しては保管する位置の他、保管方法も同じように大事なのです。では、具体的に宝くじはどのような保管方法で保管すればよいのでしょうか?まず宝くじの保管方法として大切なことをひとつは、適切な位置で保管した上で、その場所を含めたお部屋の清掃をきちんと、こまめにおこなうということです。

これは清掃をしていないとせっかくの運気が逃げてしまうためです。そのため宝くじの保管方法のひとつとして、清掃は念入りに、こまめにおこなうようにしましょう。また和紙でできた無地の扇子に載せて保管するのがよい、と言われます。この保管方法がよいとされているのは、扇子には風水的にそれがおこす風によって運気を上げる効果があると言われているからです。

そして、白なのは「お金が欲しい」という邪気によって運気が遠ざかってしまうのを防ぐためです。宝くじをお金のために買うのは自然なことですが、しかし風水的にはその邪気を遠ざけなくてはいけない、とされていますので、邪気を払ってくれる効果のある白い色によって、運気を逃さないことが宝くじの保管方法のひとつとして最適なのです。


そしてその他に宝くじの保管方法としては、水がかかるところ、また水分の多いもののそばは避けたほうが無難です。これは風水的な意味合いもありますが、それ以上に水がかかると、当選していて換金に行った際に、機械で読み取れない、という事態が発生するからです。


そのため宝くじの保管方法として水分や湿気を避けることがポイントのひとつです。このように宝くじは購入したら購入しっぱなしではなく、保管方法にもしっかりと注意を払うことが大切です。