宝くじの保管場所と方角

宝くじの適切な保管場所とその方角


宝くじを保管するときにはその保管場所にも注意が必要で、方角にもひときわ気を配ると効果的です。では、宝くじの保管場所として適切な方角はどこでしょうか

宝くじの保管場所として、もっともよい方角を知るには「財方位」という概念を知っておく必要があります。この財方位とはお金の気が集まってくる、家の中での方角のことです。つまりこの方角を購入した宝くじの保管場所とすることで、より宝くじの高額当選に近づくことができるのです。

ではこの宝くじの保管場所として適切と言われる方角である財方位は、どのようにして知ることができるのでしょうか実はこの財方位はそのお家の玄関の向きによって異なります。

玄関が北向きのお家であれば、東と南西の方角が財方位、つまり宝くじの保管場所として適切な方角ということになります。
しかし、その玄関と財方位の位置関係は、玄関の向きがどこであれ維持されるというわけではありません。例えば東向きの玄関であれば財方位は「南と北東」ではなくて「北と南西」となります。

このように、それぞれの玄関の向きに応じて異なった位置関係になっているのがこの「財方位」のややこしいところです。では、玄関の方角ごとに、宝くじ保管場所として適切な方角である財方位はどのような方角になっているのでしょうか?

玄関が西の場合は「北と南東」、そして玄関が南の場合は「南東」のみ、となっています。ちなみに東西南北だけが玄関の方角ではなく、たとえば北東や南西といった方角に玄関がある方もいますよね。

それぞれ、北東であれば「南東」、南東であれば「東と南西」、また南西であれば「西」、そして北西であれば「南」が、それぞれ宝くじの適切な保管場所である方角となります。

このように、宝くじの保管場所にもっともよい方角はご自宅の玄関の方角によって異なってくるので注意しましょう。もし「自分の家の玄関の方角が正確にはどちら向きなのかわからない」という方は、ぜひこの機会に確認なさるのがおすすめです


sakura_yam0060-049.jpg