宝くじを置く方角

宝くじを置く方角

宝くじを購入するからにはやはり当選したいと考えるのは当然かと思います。 そう言った場合、購入をする窓口や、タイミング、また宝くじを置く場所や置く方角なども拘りたい所ではないでしょうか?


宝くじを置く方角と言うのは決まりがあるのかというと、勿論決まりはなく自由ではありますが、風水的には宝くじを置く方角として望ましい方角というのがあります。 それが、西です。 一般的に西は金運アップの方角と風水では言えますので、宝くじを置く方角としては、西がふさわしいと言えるでしょう。


ただ、宝くじを置く方角だけではなく、一緒にちょっとした工夫をしていく事で、より当選確率があがるのではないでしょうか? まず、その西の方角が水場の場合は、盛り塩などをしてその方角を清めてあげた上で、宝くじを置く方角としましょう。


西が水場の場合、病気の原因ともなりかねませんので、そう言った点でも盛り塩は効果があると言えます。 そうでない場合はそのまま、西を宝くじを置く方角として下さい。


そして、さらに保管する際には黄色のきれいな布に包んであげると良いようです。 また、こだわって欲しいのは宝くじを置く方角だけではなく、その保管状況にもあります。 いくら奥方角に西を選んで、そして黄色の布につつんでも、棚の上などのポンと置いておくのはよくありません。


こう言った金運にまつわるものは暗めの場所にそっと保管をしてあげるのが良いと言われています。 その為、出来たら普段そんなに開け閉めしない引き出しなどにしまうのがお勧めとなります。


実際に高額当選をした人の2割り程度は引き出しにしまっていたと言う風に言われています。 そして次に、神棚や仏壇に閉まっていたという人が多いようですので、やはり野ざらしにしないというのは、宝くじを置く方角同様に大事と言えるのではないでしょうか?


このように、宝くじを置く方角と同様に、仕舞い方にもこだわって、出来るだけ高額当選を果たせるようにしていきましょう。