当選した宝くじの保管場所

当選した宝くじの保管場所

宝くじの保管場所は、みなさんが風水だったり、過去に自分が当選した場合にやっていた保管方法を踏襲するなどして、様々な工夫をしています。 このように宝くじを買った際の保管場所は、安全で、当選の運気を呼び込むことができ、そして買ったことを忘れない方法がよいとされています。


では、実際に高額当選したあと、宝くじの保管場所についてはみなさんどうしているのでしょう? そもそも、当選する前と当選したあとで、みなさんは宝くじの保管場所を変えているのでしょうか


宝くじが当選したあとの保管場所として、「肌身離さず持っている」という方法を選択する人も多いようです。ある人は高額当選したことが分かった途端、誰かに盗まれないか、失くしてしまわないか、と不安になって、「自分の懐」という宝くじの保管場所を選択したそう。


銀行で換金して、口座に入金するまで、お風呂に入ることさえできなかったそうです。 この「当選したあとの宝くじの保管場所」という問題は、通常は「銀行に換金にいくまで、いかに保管するか」という問題でしかないので、もちろん、「当選がわかった翌日に換金に行く」という場合には、それほど頭を悩ませる問題ではないのかもしれません。


しかし、中には高額当選したにもかかわらず、宝くじ保管場所を貸し金庫などにしてそこに預けておき、何ヶ月か換金しない、という人もいるのです。 宝くじが当選したあと、換金しないで保管場所に当たり券を保管しておく、という人は、いったいどんな理由でそんなことをするのでしょうか


この人は「宝くじで高額当選すると、逆に人生がダメになる」という噂というか教訓を耳にしていたそうで、「換金する準備が整うまで、当たり券のままで保管しておこう」と決意したとのこと。


何ヶ月かのあいだ、前々からするはずだった転職をしたり、結婚を決めたりとさまざまな準備をしていました。 このような方には、安全であることに加えて、つい換金したくなる誘惑にも負けないような宝くじ保管場所が必要だったことから、気軽に引き落とせない貸し金庫を選んだようです。