宝くじ 保管場所の色

宝くじ 保管場所の色

宝くじの保管場所にはほとんどの人が自宅を選ぶと思います。他に宝くじの保管場所として考えられるところといえば、銀行の貸し金庫くらいでしょうか。ただ、銀行などの業者に宝くじの管理を委託する場合には、どうしても料金がかかってしまいますし。


「まだ当選してない宝くじの保管場所に、お金をかけるのもどうかなあ」と躊躇する方も多いのではないでしょうか。 となれば宝くじの保管場所はやはり自宅、ということになるのですが、せっかくならやはり運気の上がる保管の方法を選択したいものですよね。


宝くじの保管場所で運気を上げつつ宝くじを管理する方法として、色に着目する、というやりかたがあります。 たとえば、黄色の封筒を宝くじの保管場所にする、という手があります。黄色というのは、金運を上げてくれる効果がある、というのはあまりにも有名な話ですよね。


このため、黄色の封筒は宝くじの保管場所として最適といえるのです。 そして黄色の封筒に入れるほかに、黄色の布にくるむのもよい方法のひとつとされています。また、女性に限ってはその他にも、宝くじの高額当選につなげることができる色というものがあります。


そのひとつがピンク色です。ピンク色の布などに包むことで、よりよい運気を呼び込むため、女性にはおすすめの方法です。 このほかに青色の封筒を宝くじの保管場所として選択する、という手があります。


宝くじの保管場所として青い封筒を選ぶ場合には、北西の方角に保管するのが適切です。 また、布などに包む、という保管方法をとる場合には、宝くじを買ったときに最初に入っている袋からは出すのを忘れないようにしましょう。


この袋に入ったままにしておくと、せっかく効果のある色の布などで包んだとしても、その色が取り込んでくれる運気を遮断して、効果が上がらないのです。 このように、宝くじ保管場所を選ぶ場合に、色にも注目することで、より運気を取り込んで高額当選に近づくことができる、とされています。