宝くじ保管場所について

宝くじ保管場所について

宝くじの保管場所には、気を使っている人もいればそうでない人もいるでしょう。宝くじの保管場所で気をつけるべきことといえば、まずはなくさないようにして、当選発表の際には速やかに番号を確認できるようにする、ということですよね。


しかし、宝くじに当たった人は保管場所をどうしていたのでしょうか? 実際に宝くじを当てた人の保管場所を参考にすることで、自分にも、当たる運気を呼びこむ事ができるかもしれません。 宝くじを当てた人がどのような保管場所を選んでいたのかというと、「神棚」「仏壇」という声が意外と多く聞かれます。


このように、超自然的なものにもっとも近い場所を宝くじの保管場所にすることで、運気を呼びこむ、というのはやっぱり自然な発想のようです。 また、神棚や仏壇を宝くじの保管場所として選ぶということは、失くしにくい、という実際的な効果もあります。 そしてその他に宝くじを当てた人の保管場所として、意外なところで「冷蔵庫」という声もよくきかれました。


これは、宝くじの保管場所として「冷暗所を選ぶと当たりやすい」ということがよく言われるためです。 宝くじの保管場所としてはこの他に「財布などに入れて、肌身離さず持っているとよい」ということもよく言われます。財布に入れておくことで、常に宝くじを買ったことを意識して、夢を持つことができる、ということの他に、それだけ高額当選を願う、という機会も多くなり、効果があるのがもしれません。


財布の色や柄にもこだわるならば、「金色の唐草模様」の財布が効くとのこと。その他に、白い財布も効果があります。「宝くじを当てたいけど、金を普段使いする勇気はない」という方には、白い財布がおすすめです。


その他に注目すべきことは、「宝くじを実際に当てたことがある人は、その当たりくじを保管していたのと同じ場所に保管している」ということです。これは確かに一度当たっている分、効果がありそうだともいえます。