宝くじネット購入代行 招福屋TOP > 金運アップ > 金運アップ 縁起物 熊手

金運アップ 縁起物 熊手

金運アップ 縁起物 熊手

金運アップの縁起物と言うと、西の市の熊手が有名ではないでしょうか? そもそも農耕器具であったものが何故金運アップの縁起物になったのかというと、色々な理由があります。


そもそも西の市は収穫祭として行われており、農耕具や様々な道具も売られていて、その中にありました。 もちろんこの頃は、金運アップの縁起物と言ったポジションではなく、普通の道具として売られていました。


ですが、その落ち葉をあつめる為の道具である熊手は、かき集めると言う行為が運や金銀をかきあつめる道具と言う風に捉えられるようになり、その後段々と金運アップ等の縁起物として扱われるようになったのです。


そんな金運アップ等の縁起物の熊手ですが、購入する場合、大きさを徐々に大きくしていくと言われています。 商売繁盛が元となっている縁起物ですので、徐々に大きくなるように、と言う考えのもと大きくしていくようです。


稀に事業失敗、縮小した場合などは小さくするというケースもみられるようです。 金運アップの為に買った熊手は、神棚の上であったり、玄関などの入り口、高い場所に飾るのが良いようです。


ですが神棚がなかったり、場所に厳しい場合などは、高い位置に飾るというのをまもるようにしましょう。 金運アップの為にも北に向けて飾るのはNGと言うのは覚えておくと良いようです。 そして金運アップの縁起物である熊手は、お守りやしめ飾り同様に1年経過したら返します。


そして金運アップの為、縁起物の新しい熊手を購入しますが返しにいけない、またもう買わないと言う場合もあるかと思います。 こう言った場合は古いものを返すだけということも可能です。 ただ、お焚き上げなどの場合は、熊手は取り扱っていない神社もあります。


その為、熊手を購入出来る神社以外では、事前に問い合わせをしてから持ち込むようにしましょう。 ちなみに自宅で金運アップの縁起物の熊手はお清めをする事もできます。


新聞紙の上に縁起物の熊手を起き、左、右、左と言う順番で系3回、塩をかけ、そのまま新聞紙でくるむ事で、お清めをした上で処分が可能です。