宝くじネット購入代行 招福屋TOP > 宝くじネット購入 > 宝くじネット購入と宝くじの歴史

宝くじネット購入と宝くじの歴史


宝くじネット購入と宝くじの歴史

宝くじネット購入では、全国からインターネット上で宝くじを購入することができます。そして、人気の3大売り場の宝くじを、売り場を選んで購入することができる のもこの宝くじネット購入の魅力です。このように宝くじネット購入は、まさにネット社会ならではの人気のサービスで、お仕事や子育てなどで忙しく、宝くじを買い にいく暇がない、という方にもぴったりなのがこの宝くじネット購入なのですが、


しかし、宝くじネット購入やインターネットなんて影も形もなかった古い時代から、 宝くじじたいはありました。 宝くじネット購入でも便利に利用できる宝くじですが、日本でのその発祥はなんと江戸時代までさかのぼります。


そのころの名前は「富くじ」といい、お寺や神社など が普請、つまり新たな社殿をつくるための資金を集める方法として、幕府の許可を得て人々からお金を集めて、当選金を支払った残りをその普請の資金に使用するとい うものだったのです。


宝くじネット購入で購入できる現代の宝くじも、よく公共事業など社会に役立つ目的に使われることを考えると、その収益の使い道のルーツもこの江戸時代の富くじに 遡ることができます。そんな富くじですが、どのように当選を決めていたのでしょうか? 宝くじネット購入を利用して購入することができる現代の宝くじは、「電動風車型抽せん機」というもので抽選がおこなわれています。


いわゆるルーレット上の円盤に 矢を放って各桁の当選番号を決めていく、というものです。 富くじの当選番号を決める方法は、「一」から「百」まで、百枚用意された木札を無作為に錐で突いて、当たった札の番号を当選番号とする、というものでした、つま り宝くじネット購入の利用できる現代の宝くじのように各桁をバラバラに選んでいく方式ではなかったのです。


そんな、江戸時代から庶民の夢を育んできた宝くじですが、現代では宝くじネット購入でとっても便利に購入していただくことができますので、ぜひチェックしてみて ください。