金運アップ 縁起物 門松

金運アップ 縁起物 門松

金運アップをはじめ、色々な縁起物がありますが、日本人として非常に馴染みがある縁起物というとやはり門松をあげる事が出来ます。

お正月に飾られている門松になりますが、松や竹などで作られている縁起物の飾りですが、神様が自宅にきてくれるよう、その為の目印となっているのです。

神様がおりてくるということは、金運アップのご利益は相当なものとなりますので、日々金運アップを願っている人、金運アップを必要としている人は、

積極的に縁起物の門松を飾るべきと言えるでしょう。 ではそんな金運アップには欠かせない縁起物の門松の素材ですが、様々なものが使われています。

1つめは竹が使われており、これに畑はまっすぐ伸びて、きちんと節目を迎えられるようにと縁起物として考えられている為に竹が使われています。

そして金運アップを始め縁起物として良い素材なのが松になります。 長寿や健康を象徴している縁起の良い植物になり、そして千両と言う実を飾りにつける事で、

金運アップの効果があるのが門松と言えるでしょう。 このように何気なくお正月に飾られている門松ですが、その素材には金運アップを始め多くの意味、

願いが込められていると言う事を理解しておくと良いでしょう。 そして縁起物の門松の飾り方ですが、基本的には12月25日以降に飾ります。

ただ、金運アップなどの縁起物の門松は25日以降であればいつでもよいと言うものではありません。 まず31日に飾るのは、1日飾りと言う事になり、

神様をおろそかにしていると感じられますので縁起物として、金運アップを願うと言う意味でもよくありません。

さらに29日は二重苦と言う意味合いになりますので、28日までに飾るのが良いでしょう。 飾りそこねた場合は30日に門松を飾るようにしましょう。

ちなみに片付けを行う時期としては、は松の内といわれる1月7日までに片付ける事が多いようですので、なるべくその期間内に片付けるのが良いかと思います。


osn0033-049.jpg