金運アップ 縁起物 宝船

金運アップ 縁起物 宝船

宝船と言うと縁起物と言うふうに言われていますが、そもそも何故宝船は縁起物と言われているのでしょうか? 宝船と言うのは七福神が乗ってくるのが宝船だと言うふうに言われています。

そして宝船は正月の2日に枕のしたに入れて寝ると良い初夢を見る事が出来ると言われているのは有名でしょう。 実はこれは宝船の絵だと言われていますが、

回文でも良いとも言われています。 回分というのは、文章の頭から読んでも、末から読んでも同じようになる文章の事になります。

金運アップの縁起物である宝船のは、そういった回文の歌が書かれている事も多いようです。 永き世の 遠の眠りの みな目ざめ 波乗り船の 音のよきかな と言う文章になり、

意味は色々な意味にとられています。 金運アップの縁起物である宝船ですが、関西と関東では、金運アップの縁起物として飾る際に頭を向ける方向が違うとも言われているようです。

関西では頭を左、関東では頭を右にして飾るのが、金運アップ等の縁起物として飾る場合はスタンダートのようです。

また金運アップの縁起物として2つ飾りたい時は、神棚などに頭を向ける感じで飾ると良いでしょう。 ただ、実際に金運アップの為に宝船を飾るというのは難しいかもしれません。

神棚を始めとする、そういった金運アップの為の縁起物を飾るスペースというのは、現代の住宅ではあまり確保出来ない事も多いはずです。

その為、絵を金運アップの縁起物として持っていたり、金運アップの為に飾っていると言う人も多いのではないでしょうか。

お正月に枕の下に入れると言う使いみちもありますので、宝船の絵を縁起物として用意をするのは良い選択の一つと言えるでしょう。

無料のイラストもありますし、もちろん有料で金運アップの為の絵もあるかと思います。 有料のほうがより好みのイラストなどが探しやすいかと思いますので、

そう言った自分の好みや経済状況に合わせて選んで行くと良いかと思います。