金運アップ 縁起物 凧

金運アップ 縁起物 凧

金運アップの為の縁起物と言うと色々ありますが、お正月によく見かける事が出来るのが凧になります。 お正月に凧をみかける場合

、以前では子供が遊んでいたものもみかけましたが、最近ではほぼ縁起物としてみかける事ばかりなのではないでしょうか?

そういった金運アップに効果があると言われている縁起物の凧ですが、凧の中でも1番良いのは招福達磨凧になるようです。 この招福達磨凧と言うのはどう言ったものになるのかというと、

神奈川県の秦野市ので古くから知られている縁起物になり、その形状、図柄全てに招福の意味が込められている、金運アップにもとても効果がある縁起物と言われています。

1つずつに意味がある縁起物ですので、それを知った上で招福達磨凧を縁起物として自宅に飾るなどをするとより効果が実感できるのではないでしょうか。

例えばたこのズキンと目の場合は夫婦がずっと仲良くいられるチウ意味であり、大きな目は澄んだ心で願いに向かって精進をしていけるという意味になります。

だるまの鼻は喜びのジニなっており、口元は何事もはじめ(一)が大事と言う意味から、キュッと結んだ口になっています。 さらにひげは健康であり長寿の証ともいわれており、

そういった事からも金運アップだけではなく、全体を通した縁起物であるという事が分かるでしょう。 また形や色も招福の縁起物として、金運アップのアイテムとして色々な意味が込められています。

全体の形は福形になっており、金運アップにもとても効果的です。 そして耳に当たる部分は黄色がつけられており、金運アップの効果があります。

そして赤色、だいたい色は厄除け、邪気よけなどがありますので、余計な厄を払ってくれる事で、金運アップにつながりやすくなります。

このように招福達磨凧等には、健康、長寿、夫婦の仲、そして金運アップと沢山のご利益を受けられるとても素晴らしい働きがあるといえるでしょう。

その金運アップの縁起物としてのパワーをもって、今では秦野市の凧から世界的な凧となっているようです。


osn0046-049.jpg