宝くじネット購入代行 招福屋TOP > 金運アップ 行事 食べ物 > 金運アップ 行事 食べ物5月 端午の節句 柏餅 ちまき

金運アップ 行事 食べ物5月 端午の節句 柏餅 ちまき

金運アップ 行事 食べ物5月 端午の節句 柏餅 ちまき

5月に柏餅やちまきなどの食べ物を食べる行事と言うと端午の節句になるのではないでしょうか? 女の子の為の食べ物を食べると言えるような行事がひな祭りなら、

柏餅やちまきなどの食べ物を食べる5月の端午の節句はまさに男の子の為のものと言えます。 ではそもそもこの5月の端午の節句と言う行事はそもそもどう言ったもので、

なぜ柏餅やちまき等の食べ物を食べるのでしょうか? まずこの5月の端午の節句と言う行事で5月に柏餅を食べる理由としては、柏餅が柏の葉を使う食べ物だからとと言う点にあります。

柏は、新芽が出て古い葉が落ちるのですが、子供が生まれるまで親は死ぬことはないという風になり、子孫繁栄の意味を持っています。

金運アップ等とは直接関係がないのですが、安定した一族を築くというのは、金運アップの基礎とも言えるものとなります。

ですので、家族単位での金運アップを考える場合この柏餅を食べると言う5月の端午の節句と言う行事は非常に重要なものと言えるかもしれません。

柏餅をしっかりと用意して、男の子だけではなく、家族で柏餅を美味しく頂くのも重要と言えるのかもしれません。 そしてちまきを食べると言うのはこちらは中国からきた5月の行事となります。

ちまきという食べ物は、端午の節句と言う行事のルーツとも言う事が出来るエピソードをもった食べ物がちまきになります。

ちまきは、中国の慕われていた詩人が陰謀によって失脚をし、悲観して自殺をした際に、民がその詩人の遺体をまもろうと、魚を脅したり、供物を投げたりしていました。

しかしその供物が龍に盗まれてしまうと言うことから、龍が苦手といわれている葉っぱでもち米を包んだ後、

さらに邪気をはらう効果がある5色の糸で縛ってからちまきと言う食べ物を川へと投げ入れるようにして、その詩人の元へ届けられるようになったと言うものです。

こう言ったエピソードによって、端午の節句の食べ物であるちまきは誕生したといわれています。 そして5色の糸はいまは鯉のぼりの一部としても受け継がれているのです。

このように直接金運アップとは関係がないように思われる、柏餅を食べたりする行事の端午の節句ですが、主に厄払いの効果があるのが特徴と言えます。

厄払いがあるという事は金運アップにつながりやすく、金運アップの邪魔がされづらいと言う事になります。 また、男の子の成長を願うと言う事から、

金運アップではないものの、宝ともされる子供の成長を願う5月の端午の節句と言う行事となりますので、ある意味金運アップの効果とも言えるのかもしれません。

金運アップのだけではなく、子供にも喜ばれる行事なのが5月の端午の節句と言えますし、5月にしっかりと柏餅、ちまき等の食べ物を食べて、

将来的な金運アップを目指していきましょう。