宝くじネット購入代行 招福屋TOP > 金運アップ 縁起のいい花 > 金運アップ 縁起のいい花 はす 蓮

金運アップ 縁起のいい花 はす 蓮

金運アップ 縁起のいい花 はす 蓮

お正月におせちに食べる縁起のいい食べ物として知られているのがれんこんとなりますが、ではそのレンコンの花となる蓮の花は縁起のいい花になるのでしょうか?

そもそもはすはなぜおせちに入っているのかと言うとその形状が理由となります。 はすは穴が開いている為、見通しが良い、将来をよく見通せると言う事で、

明るい未来に繋がると言うことから、はす縁起の良い食べ物と言う事が出来ます。 その為、蓮も当然縁起のいい花となるのではないかと言う事になるのですが、

ちょっと単純にはすは縁起のいい花とは違ってくるようです。 日本は基本的には仏教の国ですが、蓮は仏教の代表的なお花となります。

そういう点で言うと、はすは縁起のいい花と言う事になるかとおもいますが、仏教のイメージすなわち、仏様、死者のイメージと言う事になりますので、

弔事のイメージが強く、蓮は縁起のいい花と言う事にはなりづらいと言えます。 本来仏教は生き方を教え、そして極楽浄土へということになりますが、

日本の場合は死んだ後、きちんと弔ってあげたらみんな仏様になれますので、やはり蓮のイメージはどうしても縁起のいい花とはなりづらいのでしょう。

本来の意味ではすになにか縁起のいい花ではない理由があると言うことではありません。 ですが、長い間しみついたはすへのイメージによって、

はすは縁起のいい花にはなり得なかったという事になるでしょう。 ですので、お祝いの席などに縁起のいい花を用意する場合は、

はすは避けておいたほうが無難となります。 また、金運アップの効果を狙いたいと言う事で蓮の花を飾ったりしたいという方は、

逆にはすではなく蓮の実のレンコンによって金運アップを狙ったほうがよいかもしれません。 蓮の実のレンコンの見通しをよくする力によって金運アップを狙うと言うのが良いのではないでしょうか?

金運アップには将来性も重要となりますので、レンコンで将来を見据えながら、しっかりと人生の選択をし金運アップを狙っていきましょう。

また、金運アップに欠かせないのが健康な身体となりますが、蓮の実であるレンコンには免疫力をアップする働きもあります。

ですので、縁起のいい花としての蓮の花ではなくレンコンを日常的に取り入れて金運アップの為の働ける健康体を手にいれ、

そしてしっかりと金運アップの為に働く、金運アップの為に勉強をするのが、結果的には金運アップへの近道となる事でしょう。


hasu_Fotria_43588158_XS.jpg