宝くじネット購入代行 招福屋TOP > 金運アップ 縁起のいい植物 > 金運アップ 縁起のいい植物 ほおずき 鬼灯

金運アップ 縁起のいい植物 ほおずき 鬼灯

金運アップ 縁起のいい植物 ほおずき 鬼灯

お盆の時期に飾ったりすることもある植物の一つにほおずきがあります。 鬼灯はなぜお盆の時期に飾るのかというと、灯りと言う事になるようです。

提灯の代わりにほおずきを飾るということで、ご先祖様の行き来に役立っていると言う事になるのでしょう。 こう言ったことから、ほおずきの感じは鬼灯と灯りが入っているのかもしれません。

そしてほおずきは盆花と言う事になり、縁起のいい植物というふうな扱いはうけていないようです。 ただ、縁起のいい植物ではなくても鬼灯を使うことで金運アップにつなげて行くことは可能です。

それはどのようにかというと、鬼灯の花によってになります。 ほおずきは提灯の代わりと言うふうに言われている事からもわかるように、赤くて丸い感じの花をさかせます。

こう言った点を利用して、鬼灯はお花を付ける時などは特に玄関に飾ると良いと言われているのです。 金運アップの為に、鬼灯を玄関に飾る事でしっかりと金運アップを始め、

様々な運気をキャッチする事が出来ます。 そして金運アップのために金運の縁起のいい植物である鬼灯を飾るときは、縁起のいい植物と一緒に鏡を飾るというのはやめておきましょう。

玄関の正面に鏡を置くと、すべての気を跳ね返してしまいますので、金運アップなどの運気も取り入れる事が出来ません。 このように鬼灯は鬼灯自体が金運アップの効果がある縁起のいい植物と言うよりも、

使い方しだいで縁起のいい植物になるといえるでしょう。 本来は金運アップの効果を持つ縁起のいい植物というのではなく、盆花として、ご先祖様を誘導する役目という風にとらえるのが鬼灯の役目かもしれません。

そしてお盆の用意をするほおずきは縁起のいい植物としてではありませんので、ほおずきの造花でもよいのですが、金運アップの効果も持つ縁起のいい植物として玄関に飾りたい場合は造花のほおずきはやめておきましょう。

造花のほおずきですと金運アップの縁起のいい植物というよりも、もう死んでいるほおずきになるので、金運アップ等の運気を引き寄せることはないようです。