宝くじネット購入代行 招福屋TOP > 金運アップ 縁起のいい木 > 金運アップ 縁起のいい木 かしのき

金運アップ 縁起のいい木 かしのき

金運アップ 縁起のいい木 かしのき

縁起のいい木にはいろいろあり、庭に植えていきたいという場合、迷ってしまうのではないでしょうか?

縁起のいい木の中にも、金運アップのものや、子孫繁栄など、若干方向性が違ってきますが、なかでもかしのきなどは比較的人気のようです。

かしのきが縁起のいい木として人気の理由は、やはり金運アップやビジネス運のアップなどが挙げられる事でしょう。

ではなぜかしのきが、金運アップの効果を持つ縁起のいい木になっているのかというと、かりんと合わせた金運アップのシャレ話が理由となります。

とある商人が自宅にかりんとかしのきを植えて、「金は貸してもかりん」と言うシャレを言ったという話があるのです。

この事からも、お金は貸しても、人からは借りるような事はないという、お金に困ることがないようなそういった状態を示唆した金運アップで縁起のいい木であると言う話になると言えるでしょう。

その為、スペースの問題もありますが、金運アップの為にはできるだけ、縁起のいい木のかりんと縁起のいい木のかしのきを一緒に植えておきたいと考える人が多いようです。

また縁起のいい木のかしのきは、金運アップだけではなく生垣用にもちょうど良いサイズになるようですので、生け垣用にと考える方も多いようです。

刈り込みにも耐えますし、年に2回ほど剪定をしながら金運アップのために縁起のいい木のかしのきを利用をしていくのが良いでしょう。

関西地方ではかしのきというとアラカシを指します。 またシラカシというカシもありますが、これはあらかしに対して白いと言うだけであって、決して白い木であるという事ではないようです。

基本的にかしのきは、きちんと手入れをしないと大木になってしまいますので、

手入れが出来ない環境のかたはかしのきではない他の金運アップが望めるような縁起のいい木を選んだほうが良いかもしれません。 また金運アップの為に植える際は南方が良いようです。